漢方無料健相談の八仙堂としてご利用ください
薬局開設許可:医薬 第21-302-008号
サイトマップ 個人情報保護方針
HOME 漢方相談 漢方処方 生活養生法 漢方基礎知識 通信販売お問い合わせ

夏型過敏性肺炎とは?

ほこりや鳥の糞、カビや細菌を繰り返し吸い込むことにより、気管支や肺でアレルギー反応を起こす過敏性肺炎の1つです。
夏になると咳や発熱などの風邪のような症状から始まり、悪化すると息切れや呼吸困難という症状に発展してきます。
アレルギーによる炎症を何年も繰り返すことで肺が厚くなってきて最後には肺繊維症と言われる命に関わる病気にもなる
怖い病気です。

主原因はカビです。カビには数百種類もありますが、中でもトリコスポロンというカビを吸い込むことによって起こる病気です。
梅雨から夏にかけて湿度が70%以上になる季節に多く発症します。トリコスポロンはホコリの多い場所、通気の悪い床下(地下室)、エアコン内部、台所や浴室にも多く繁殖します。

咳や発熱などの軽い風邪のような症状で始まります。
風邪だと思って放っておくと症状が徐々に悪化して、息切れや呼吸困難を伴う肺炎のような症状が現れるようになります。原因となる環境から離れると症状が治まるのも特徴です。


1.おかしいと感じたら検査での確認を!
  血液検査や肺機能検査、胸部レントゲンなどの検査を受けられると良いでしょう。

2.原因の除去
  カビの繁殖しずらい条件を作ることが根本的に必要です。
  @湿度に注意
    カビは湿度70%以上を好みます。いわゆるジメジメが大好きなんです。
   除湿には十分気をつけましょう。
  A水拭き掃除を心がける
    はたきや掃除機などでの掃除は部屋中にカビを撒き散らすようなものです。
   できるだけ水拭きを心がけましょう。
  B除菌はマメに!
    洗濯機、浴槽、流しのカゴ、地下収納(地下室含む)などはカビの住み家です。
   消毒用エタノールなどでマメな除菌を心がけましょう。
  C布団のお手入れ
    乾燥機で加温して殺菌してから干しましょう。
   はたいた後に外で掃除機をかけてから取り込みましょう。

生活面でのアレルギー対策が完了したら治療です。
症状がひどい時には病院でのステロイド治療などで症状軽減することも必要ですが、過敏反応を起こしやすくなった体質改善も大切です。漢方薬は1人1人の状態に合わせた調合をしてお作りするので一度ご相談ください。

このページの先頭へ

Copyright(C) HASSENDOU All Rights Reserved.
ホーム / 漢方相談 / 漢方処方 / 生活養生法 / 漢方基礎知識 / 通信販売 / お問い合せ
サイトマップ / 個人情報保護方針