漢方無料健相談の八仙堂としてご利用ください
薬局開設許可:医薬 第21-302-008号
サイトマップ 個人情報保護方針
HOME 漢方相談 漢方処方 生活養生法 漢方基礎知識 通信販売お問い合わせ


春の木の芽時と体調不良

3月から4月を『木の芽時』と呼び、体を大きく分類した五臓(肝心脾肺腎)の中の肝の季節と考えられています。
そのことから体の衣替えが始まる時季を『肝木の春』とも呼んでいます。
漢方の考え方では、肝は血液を溜める銀行の働きと共に自律神経のバランスを調える働きを担っている臓器とされています。そのため、体の衣替えや生理などで多くの血液が必要となる時には、肝に溜めてあった血液が使われることで通常は衣替えが順調に終了します。
しかし、普段から貧血気味の方や冬の間に病気や過労、ストレスなどで十分な血液を蓄えられなかった方は、肝の血液を使い過ぎることで肝の働きも低下してしまい、自律神経のバランスも崩れ易くなって下記のような症状が出やすくなってしまいます。体調を調えて無理のない生活をおくるように心がけましょう。

木の芽時に悪化しやすい症状
●怒りっぽい・イラつきやすい
●めまい・耳鳴り・頭重・頭痛・肩こり
●生理不順・生理痛・更年期障害
●胃痛・胃腸の不快感・食欲不振・便通の異常
●寝つきが悪い・途中で目が覚める・睡眠への満足感がない
●抑鬱感・やる気が出ない・全身の疲労感
●手足のしびれ・筋肉のひきつり
●目の疲れ・充血・乾き目・抜け毛
●神経痛・手足のしびれ・リウマチの疼痛 など

●五臓の中の肝の病状
漢方では『肝』は疏泄(そせつ)をつかさどる。と言われ、胃腸を始めとした五臓全体の体調維持や感情調節、血液保存などの大切な働きを担っています。そのため、肝の不調が生じると多くの不快症状が起こってきます。

例えば、精神的なストレスが続くと、体調維持や感情調節の機能などが弱くなってしまいます。このストレス状態を『(かん)()鬱結(うっけつ)』と呼び、肝の疏泄機能が滞った状態を表します。

したがって肝の疏泄機能が滞ってくると、感情を抑えることができずにイライラ・易怒などの精神状態になったり、食欲不振・便通不調など胃腸系を中心とした体全体のバランスも乱れてきます。

特に女性の場合、体の衣替え・季節変化・生理・生活環境の変化などが同時期に起こると、肝に蓄えられている血液が急激に不足した『肝血不足』という状態を引き起こしやすくなり、これが日頃からの肝気鬱結状態と重なると多くの不快症状が発症してきます。

●タイプ別の対策
肝の働きが弱ってしまう原因によって対策も違ってきます。
気をつけたいのが『精神疲労タイプ』の場合です。このタイプは慢性化しやすく、不快な症状が長く続くことで自分自身に自信が持てなくなり、精神的にも『うつ状態』になりやすくなってしまうタイプです。

肉体疲労タイプ 原因・・・肉体労働・育児疲れ・花粉症・飲み過ぎ・睡眠不足 など

理由・・・疲れ物質(乳酸)の蓄積

対策・・・栄養補給
     クエン酸とアミノ酸が多く含まれたものをサプリメントとして
     補給する方法がお勧めです。
精神疲労タイプ 原因・・・職場、家庭での精神的なストレスやプレッシャー
     生活環境の変化・人間関係や病気の心配 など

理由・・・免疫物質の異常が引き起こす脳神経系の機能障害(自律神経
     の乱れ)精神疲労は脳疲労とも言われています。
   ・通常の疲れ・・・脳の一部の機能低下
   ・慢性の疲れ・・・脳の大部分の機能低下(脳の血流量の低下)

対策・・・自律神経バランスの正常化
     漢方薬による五臓バランスを調える方法が効果的です。

養生・・・ストレスは脳が不快と感じているために起こるものです。
     脳が喜ぶことは人それぞれ違うので、色々試して自分に合う事
     を探してみましょう。
     ・リフレッシュ法(気分転換する、休暇をしっかりとる)
     ・リラックス法(アロマ・リフレクソロジーなど)
     ・体を動かす(スポーツ・気功・ヨガなどをやってみる)
     ・カウンセリング(専門家への相談)

体調が優れないからと言って、症状を抑える薬だけに頼らずに、原因を考えて根本的な改善をしていくことが大切です。いつでもお気軽にご相談下さい。
このページの先頭へ

Copyright(C) HASSENDOU All Rights Reserved.
ホーム / 漢方相談 / 漢方処方 / 生活養生法 / 漢方基礎知識 / 通信販売 / お問い合せ
サイトマップ / 個人情報保護方針