漢方無料健相談の八仙堂としてご利用ください
薬局開設許可:医薬 第21-302-008号
サイトマップ 個人情報保護方針
HOME 漢方相談 漢方処方 生活養生法 漢方基礎知識 通信販売お問い合わせ

便秘相談

Q.
48歳、女性。158cm、46kg。便秘で悩んでいます。もともと腸が弱いのか、市販の便秘薬を飲むと下痢になってしまいます。友達からセンナという生薬が入っているものが良いのではないかと薦められました。しかし、使っていると慣れてきて、だんだん効かなくなってくるという情報もあって、どうしようか悩んでいます。何かよい漢方薬はないでしょうか。

A.テレビや雑誌などのコマーシャルの多さなどからも分かるように、便秘で悩んでいる
方は非常に多いですね。特に、女性の50%以上が便秘で悩んだことがあると言われてい
ます。これは男性よりも冷え症やダイエットなどでの食事制限、さらには生理前後での
自律神経やホルモンの乱れなどが関係しているためと言われています。

本来、日本人は和食といわれる米と野菜を中心とした食生活をしていた民族ですので、欧米人に比べて食物の消化
を担っている腸が長いと言われています。その民族が肉類中心の欧米食を摂り入れ始めたことが便秘を増やす大きな
原因となっています。また、交通手段の発達、コンビニやスーパーなどが多数出店していることなどで、昔の人よりも
1日の歩く距離が減ってきているのも原因と言われています。

さて、今回のご相談にもあるように、ご自分の便秘がどうすれば良くなるのかが分からない方が多いので、便秘を改善して行くための漢方薬についてご説明いたします。便秘のタイプは元気がある『実証タイプ』と元気が少ない『虚証タイプ』に分けられ、その中味は5つに分類できます。漢方では西洋薬のように「便秘には○○○」という決まったものはありません。
その方の症状・体質に合わせた治療方法を考えますので、自分がどのタイプに当てはまるかをチェックして、正しい改善方法を実施されることをお薦めします。(別表参照)

実証 熱秘

硬いコロコロ便、お腹の張り、ノドの乾き、尿色濃い、顔の火照り、辛い物を好む、冷たい物を欲しがる、暑がり

代表処方:調胃承気湯・大黄甘草湯・防風通聖散など

気秘

イライラ、憂鬱感、運動不足、排便後スッキリしない、ゲップやおならが多い、腹部膨満感、便が細い、切れぎれ便

代表処方:大柴胡湯・加味逍遥散など

虚証 虚秘(血虚)

疲れ易い、皮膚が乾燥、立ちくらみ、顔色白色、視力低下、残便感、口が渇く、兎糞便(コロコロ便)、生理不順

代表処方:潤腸湯・麻子仁丸など

虚秘(気虚)

排便後に疲れる、顔色黄色、やる気が出ない、汗をかきやすい、柔らかいが出にくい、出始めが硬くあとは柔らかい

代表処方:補中益気湯・黄耆建中湯など

寒秘(陽虚)

手足の強い冷え、腰や膝の痛み、尿多く尿色薄い、顔色青白い、お腹が冷たい、温暖を好む、便は先硬後軟

代表処方:桂枝加芍薬大黄湯・大黄附子湯など

私共の店舗では、自力でスッキリ排便をしていくためにも、漢方薬だけでなく食事や運動などの生活改善方法も同時に実施していく方法を一人一人の状況に合わせてご紹介しています。また、便秘サプリメント(補助食品)として食物繊維や青汁などが有名ですが、お仕事や好き嫌いなどで毎日摂り入れることができない方へはサプリメントを食事の一部として摂り入れて行くことが便秘を予防する有効な手段の1つとして考えています。
昔から「お肌は内臓の鏡」といいます。便秘が続くと肌荒れやニキビだけでなく、肥満、口臭、ゲップ、痔、などの原因となったり、便秘は体内に老廃物を溜めてしまうことから『大病の素』とも言われています。
たかが便秘と思わずに、お薬に頼らずに毎日スッキリとした排便ができるようにご自分に合った方法で改善していくことが大切です。

このページの先頭へ

Copyright(C) HASSENDOU All Rights Reserved.
ホーム / 漢方相談 / 漢方処方 / 生活養生法 / 漢方基礎知識 / 通信販売 / お問い合せ
サイトマップ / 個人情報保護方針